最新の関連ページ一覧

米国公認会計士の受験資格

米国公認会計士は誰でも受験できる資格ではないのです。
受験資格は米国全土全て一緒ではないのです。
受験する州によって受験資格が異なるのです。
大体どこの州でも同じですが、原則として4年生大学を卒業していることまたは、卒業見込みであることが条件となっています。
また、会計関係またはビジネス関係の単位をその州で定められた一定数を取得していることが必要なのです。
ただ、州によって短大卒でも受験可能な場合があるので、4年生大学を卒業していないからといって、米国公認会計士試験を諦めるのではなく、受けることが出来る州を調べてみましょう。
また必要単位の数も州によって違うので、自分の取得した単位数で受験可能な州もあるかもしれません。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 米国公認会計士 . All Rights Reserved.