最新の関連ページ一覧

米国公認会計士と単位要件

米国公認会計士の試験を受けるにあたり、学位要件以外にも単位の要件があるのです。
会計関連やビジネス関連の単位を一定数取得している必要があります。
4年生大学を卒業していても、ビジネスや会計関連の単位を一定数取得していない場合、米国公認会計士の試験を受けることが出来ません。
しかし、単位が不足している場合は。
単位認定プログラムを受けることによって、不足分の単位を補うことが出来るのです。
資格試験のスクールでも米国公認会計士コースを受験する事によって一定の単位の取得が可能なので、単位が不足している場合は、そういったプログラムを活用すると良いでしょう。
単位要件が無い州もありますので、調べてみると良いでしょう。

最新の関連ページ一覧

Copyright(c) 米国公認会計士 . All Rights Reserved.